ナス子とキャンプ

毎年恒例となりつつある、夏休みの子どもキャンプ☆sun
私は、食事づくりを担当しています。

P2014_0815_141647

ナスの中に、不思議な形のものがhappy02
あの高い鼻は天然ですよ~~~
目や口を付けて、子どもたちをお出迎えしてくれましたheart02

P2014_0815_141621

今年は、今までで一番 “自分を自由にしてあげられた” キャンプだったように思います。
子どもたちの表情が日々イキイキと変化していく様子に、やってて良かったなぁ~~と感じる余裕までありました(T_T)
そして、ヘルプに来てくれた ちえちゃんに すご~~~く助けられ、許された時間でした。

| | コメント (0)

さとやまキャンプ2013

毎年恒例の夏キャンプで~すsun
北広島にある古民家に子どもたちが大勢集まりましたよ~sports

P1013295

囲炉裏があって、田の字型の家って、
田舎のおばあちゃん家みたいだねhappy01

P1013297

周りは田んぼに囲まれて、涼しい風が吹いています。
その中を歩いて、川遊び、収穫体験、工作体験をしました。

P1013298

竹を使って、コップや箸を作ります。

P1013332_2


道端に生えている花を摘んで、リースや花束を作りますcute

P1013331

なんてステキhappy02shine

P1013311


川から帰って来て入るドラム缶風呂は最高scissorssign03
太陽の熱で水を温めておいて、
薪で火をおこし、湯にしま~す。

P1013310

男の子はもちろん、女の子にも大人気!
今は、中に薬剤の付いていないドラム缶を探すのが一苦労なんですwobbly

P1013309

私は、食事当番です。
地元で採れた野菜を使って、料理を作りました。
生産者さんの顔が見える食材ばかりですlovely

P1013290

野菜嫌いな子どもたちに、新鮮な野菜を
た~っぷり食べていただきますcoldsweats01heart01

P1013303

平飼いで、元気に育った地元の鶏の卵です。
これが、す~っごく美味しかったnote

P1013291

頼んでいないのに料理の手伝いをしてくれます。
実際、危なっかしくて、ハラハラheart02ドキドキ。
時間が余計にかかっちゃうんだけど・・・coldsweats01


P1013314

食事の後は、片付けも手伝ってもらいました。
『家でも手伝ってるんだよ~scissors』と自慢げですup

P1013320

帰りのバスが来ると、『帰りたくないweep』と泣き出す子や
『一緒に帰ろう~smile』と誘われたり、
本当に楽しかったようです。

こういう原体験が、彼らの人生を
より豊にしてくれると信じて、
私も頑張ろう~と思います。

P1013347
(↑皆でごちそう様~)

その他の様子は、こちらのブログでも紹介しています。

| | コメント (0)

さとやまキャンプ2012

今年は、北広島に場所を変えて、sunさとやまキャンプsunでした。
囲炉裏のある築120年くらいの古民家と田んぼが広がる
里山が舞台です。

P1011340

広島市内からの子どもたちが集まりましたfoot

P1011339

今年は、よっとちゃんhappy01が台所を手伝ってくれましたheart04
料理は苦手なんだよ~と言いながら、
早朝から私の手となり、足となり、頑張ってくれましたhappy02
ありがとう~

P1011333

家の裏にある水路は、ドジョウや沢蟹が棲んでいるほど
キレイです。
今でも地元の人は、野菜を洗ったりしているそうですよ。
スイカを冷やして、おやつにしましたsun

P1011346

ドラム缶風呂は、火を熾すところから子どもたちの仕事です。

P1011349

慣れないノコギリにも果敢に挑戦scissors

P1011350

意外にも、女の子に大人気ですwinkheart02

P1011351

食材は、地元で採れた野菜やお米です。
今年は、雨が少ないので、野菜の出来が良くないらしいのですが、

P1011361

でも、新鮮な野菜たちは、キラshineキラshineして、美味しいですよdelicious

P1011353

収穫体験で子どもたち自らが採ってきた野菜たちです。

P1011363

ビニールから はみ出すくらいimpact大きくて、元気で美味しそう。

P1011364

でもね~、
子どもたちの苦手なピーマンやナスやセロリばかりなんですが・・・

P1011365

と心配していたら、
自分たちで収穫した野菜は、ガンガン残さず食べてくれますsign03
私が作っても食べてくれないのに~pout
『体験』には敵わないんですねcoldsweats01

P1011366

最終日の食事は、自分たちで作りますrestaurant
簡単なレシピを用意しただけの創作料理です。

慣れない包丁使いにスタッフはハラハラcoldsweats02sweat01

P1011370

羽釜で薪を使って、ご飯を炊きました。
新聞紙や着火材を使わず、自然素材だけで火を熾します。
火が熾きないなぁsweat01 と固まる男の子たち。

P1011376

その苦労があって、ご飯はあっという間に売り切れました。
やっぱり、薪で炊いたご飯は絶品だねlovely 
と大好評でしたよscissors

P1011398_2

初めは怖がっていたのに、
ポップコーンづくりにハマル女の子。

P1011379

こんなに大きな鍋で料理するのなんて、初めてhappy01note

P1011381

料理が終わったら、自分たちのメニューのアピールタイムです。
何を作ったのか、美味しさのポイントは・・・限定何人まで・・・
ジャンケンrockで勝った人にはスペシャルscissors
用意しているチームもありましたよpaper

P1011384

カキ氷のスペシャリストですsnow

P1011401

全ての料理に舌鼓deliciousnotes

P1011405_2

並んで食べる姿は、まさに田舎の夏休み。

P1011417

大人たちが、流しそうめんを用意してくれましたfuji
そうめんだけじゃなくて、飴やトマトが流れたり・・・

P1011413

大人たちも大はしゃぎupup

P1011415

料理で出た残飯は、近所の農家さんのコンポストへ。
鳥たちも食べてくれました。

P1011420

「残ったご飯はどうするの?もったいないよね。」と問われて、
土に埋めたり、鶏が食べてくれるんだよ~と
命の循環を伝えられて嬉しかったナァconfidentheart04

P1011424

今年で6年目(かな?)の夏休み子どもキャンプは
私の自由にやらせてもらえるので、とても嬉しいです。
年に1度しか会わないスタッフも居るのに、
すでに阿吽の呼吸で、気持ちイイnotes

今回は、地元の人たちと少しでも
交流出来たことが大きかったですね。
来年以降も続けて、地域の人たちとキャンプを
もっともっと一緒に作っていけたらイイなぁ。

その他の写真は、コチラのブログ☆で。

| | コメント (0)

さとやま冒険キャンプ2011 ~屋台村~

キャンプ最終日は、子どもたち自身でお昼ご飯を作る 『屋台村』 で~すhappy01

P1019443

スタッフは、安全管理(火、包丁)のみで、あとは彼らが主体です。
メニューは私が決めましたが、レシピは超~大雑把なもの。
味付けなども彼ら次第 bleah

P1019445

火熾しは、着火材や油、紙は使いませんcoldsweats02
小枝や葉っぱも拾ってきます。
マッチ5本まで。
難しければ難しいほど、子どもたちの目がshineキラキラshineしてきます。

P1019447

今回のメニューは・・・
diamond焼きビーフン
昨年、スタッフの間で、大好評だったこのメニュー。
今年は、量を倍増しました~sign03

P1019452

diamondポップコーン&すはま飴
ポップコーンがポンポン跳ねるのが面白かったね~happy02

P1019458

はったい粉とキナコで、飴を作りました。
粘土みたいで、楽しいnote

P1019451

diamondバームクーヘン
煙たくて、水中眼鏡をしてますcoldsweats01

P1019448

竹から抜き取るとき、皆の期待を集めましたeye
ちょっと、焦げたのが、意外に美味しくなりましたよscissors

P1019462

diamondカレー&ご飯
私が作ったカレーよりも、皆に大好評heart02
ご飯の炊き加減も素晴しかったですscissors

P1019481

diamondオープンブレッド

鉄板を重ねて、上にも炭を置くことによって
オーブンのようにします。

P1019449

モチモチの生地から手作りです。
こちらもあっという間に完売lovely

P1019453 

flair 自分たちの料理のPRを紙に書いて、発表notes

P1019472

『みなさん、食べにきてくださいね~』

P1019468

『星型やハート型に切った人参が入っています。
 食べた人はラッキーup

P1019469

それぞれが、お店の人になったり
お客になったり、全部の味を堪能しましたdelicious

P1019487

毎年、思うことですが
私が作るどんな料理よりも、自分たちで作った料理は美味しいんだろうなぁ。
あっという間に、どの店も完売ですsweat01

そして、食べ終わったら、片付けです。
鍋の裏は炭で まっ黒bearing だけど、ゴシゴシ力を入れて落とします。

P1019492

キャンプが終わって、家族や友人に体験したことを
話してくれると嬉しいナァconfident
体験を共有してくれる大人が彼らの周りに居てくれますように。

pen 参加者の子どもたち、ありがとう。
スタッフの皆さん、お疲れ様でした。
いや~、楽しかったねぇ~happy01heart04

震災や放射能の影響で、外で充分に遊べない子どもたちが大勢居ることでしょう。
関東地方で活動している友人も、野外活動に何かしらの制限がかかっているとのこと。
プログラムという特別なものでなくても、
子どものころの『原体験』を 彼らに残してあげたいと強く想います。          

| | コメント (0)

さとやま冒険キャンプ ~夜編~

ほぼ満月fullmoonの夜。
月明かりの中、ホームシックにかかる暇もありません。
ワクワクするプログラムが待っていますshine

調理班では、「カルシファーの火熾しspa教室」
マッチ1本で火がつきましたgood

P1019429

up彼女の おばあちゃん家に、釜戸があるらしく、
遊びに行ったとき、手伝っているそうです。

熾した火でお茶japaneseteaを入れて、皆で頂きました。

P1019428

それ以外にも、diamondモグラを探そう~ diamond歌を歌おう~ 
diamond満月ヨガ教室  diamond口笛教室 diamond本気で怖~い怪談
 
diamond蝙蝠の生態
 
P1019425

diamond世界のオモチャ

P1019424

などなど、スタッフたちの特技が披露されますnote

bud 様々な学校、異年齢の仲間たちとの出会いや
親でも先生でもない大人との関わりは、とても豊かな経験になると思います。
子どものころに、様々なバックグラウンドを持つ
こんなオモシロイ大人たちと出会えていたら
未来に希望が持てるだろうなぁって思います。

| | コメント (0)

さとやま冒険キャンプ 2011

蝉がジージー鳴いて、夏本番sun
今年も各地から小学校3~6年生の元気いっぱいの子どもたちが集まりましたよhappy02
さっそく水着に着替えて池へGorun

P1019385

自分たちで知恵をしぼって、イカダを作ります。
初めは、すぐに沈んでしまったり
なかなか上手く乗れませんbearingsweat01

P1019388

でも、そのうち、ドンドン漕ぎ出して・・・
大人より体重が軽いせいか、あっという間に向こう岸まで到着しちゃいましたsign03

P1019391

今回も私は、食事当番です。
またまた助っ人3人が来てくれて、100人力ですscissors

P1019395

彼女↓は昨年も手伝ってくれていたので、勝手知ったるな感じです。
それに、マクロビオティックの先生でもあるので、
メニューを考えたり、調理法を考えたりするとき
的確なアドバイスをもらえます。

P1019376_2

こちらは、お腹を空かせた雛鳥たちです。
『ご飯まだ~~~sign02』 と朝早くから起き出して、
料理を作る私としては、プレッシャーcoldsweats02

P1019410

料理が出来る前から、つまみ食いの手が伸びてきて・・・

P1019431

毎食、五分つき米+麦のご飯に
野菜ONLYのおかずとスープです。

P1019383

それしか出ないので、野菜が嫌い!
冷たいものが食べたい!
というリクエストにはお答えできません!

P1019407

彩りや食感を考えたり、活動内容を考慮して量を加減したり
なかなか、先を読むのに一苦労です。

P1019418

おやつやデザートも忘れずにnotes

P1019396

その季節に地元(我が家)で採れた野菜や果物は、
美味しいし、
身体に染み渡りますlovely(自画自賛・・・)

P1019380

up 摘みたてブルーベリー

P1019413

子どもたちがプログラムへ行ってから
やっとマカナイスタッフの食事の時間です。
『 楽しく作った食事は、きっと、彼らを幸せにするね wink 』 
と言いながら、私たちも幸せなのだよdelicious
            

| | コメント (0)

さとやま冒険キャンプ 2011 ~スタッフ研修②~

私は、キャンプの食事当番 restaurant です。
昨年同様、薪を使って、羽釜でご飯を炊いたり、
鉄鍋でオカズを作りましたよ~~~

P1019294

この薪を調達するのも一苦労だし、
それらを現場に運び込むのも大変ですcoldsweats02

でも、苦労の甲斐があって、
ご飯は美味しいですね~

P1019358

食事作りに友人が手伝いに来てくれましたlovely
気心の知れた二人なので、とっても心強いupup

P1019333

それに、火熾しが達人的thunderに上手いことが判明happy02
いつもは、パートナーや息子さんが火熾し担当だそうで、
自身では、やったことが無かったそうですが、
初めてとは思えないsign03

P1019356

キャンプネームは『カルシファーspa』に決定scissors

それから、食材のほとんどが、我が家の畑で収穫された野菜です。

P1019296

足りないものは、尾道周辺で採れたものにしています。

P1019336

丁寧に作った野菜を友人が届けてくれたりもしました。
感謝ですconfident

P1019365

ミラクル&カルシファー
煙いし weep 、熱いし wobblysweat01 、痒いし sad (蚊)、大変でしたね。
食事だけじゃなくて、たくさん色々な話がゆっくりできて、
本当に充実した時間でした。
本番もよろしこ~heart04



   

| | コメント (0)

さとやま冒険キャンプ 2011 ~スタッフ研修~

  子どもたちのキャンプsun・・・の前に、
スタッフで研修をします。

P1019297

まずは、参加者をしてみることで、プログラムの進行や安全管理、
子どもたちに寄り添うことが出来ますからね。

P1019302

プログラムは、イカダを作って、池の向こう岸まで行って
戻って来るというもの。

P1019312

皆でアイディアを出し合ってイカダを作り、
決意を書いて、イザ、出発sign01

P1019314

まずは、乗り込むところで、悪戦苦闘sweat01

P1019320   P1019321

笑顔もココまで・・・
これからは、真剣sign01ですbearing

P1019348

乗れたら、一生懸命、漕いで dash 漕いで dash 漕いで dash

P1019350

池の端っこまで、とうとう到着したようですimpact

P1019353

オトナが真剣に取り組むのって、本当に楽しいlovely
だからこそ、子どもたちのプログラムでも、
同じように真剣な気持ちと共感出来るんですね。

| | コメント (0)

さとやま冒険キャンプ2010

今年も広島県内の小学3年生~中学2年生までの子どもたちが
参加してくれました~。happy01
段ボールを使ってイカダをつくり、池に浮かべて進むというプログラムです。

P1016531

私は、食事担当なので、その様子は見ていないのですが
お腹すいた~ happy02 と言って帰って来て
「イカダ浮かんだよ~」
「池を一周できたよ~!」 などなど、
その様子を目を輝かせながら、一生懸命に話してくれます。

moon3 夜は、森の生き物の様子を見に行ったり、お話会をしたり、国際けん玉大会sign02が実施されました~

P1016537

最終日の昼食は、自分たち自身で料理します。
もちろん、薪を使って火熾しですよ。
達人がやり方を伝授 dash
皆、真剣に聞いていますね~

P1016542

一班、マッチ5本まで!
紙や着火材は使いません!
このグループは、マッチを使い切ってしまい、木をこすり合わせて
火を熾そうとしていますsweat02

P1016553

ちょっと、あきらめモード?
P1016556

達人にポイントを教わって・・・

P1016551 

大事に、大事に、火を育てていきます。

P1016555

やっと点いた火で調理スタートです!

P1016568

レシピはコチラのブログ☆に紹介しています。

P1016566

羽釜でご飯を炊いています。
煙が目にしみるね~~~crying

P1016558

屋台村ですから、看板を作ります。

P1016579

メニューの紹介や美味しさのポイントなどを書きます。

P1016584

皆(お客様)に向けてPRスタート!

P1016587

お店屋さんになったり、お客さんになったり、
列を作って、お腹いっぱいいただきました。
どのお店も完売ですscissors

P1016591_2
restaurant
料理って、段取り命ってところがありますよね。
火を熾したのに、野菜が切れていないとか、
生地は準備できたのに、湯が沸いていないとか。
計画性も養われるし、チームワークも試されます。
delicious
自分たちで作った料理は格別!
‘味覚’でもこのキャンプのことを覚えていて欲しいナァ~

| | コメント (0)

さとやま冒険キャンプ2010 ~スタッフ研修~ 

今年のキャンプも暑かった~sun
私は調理スタッフとして、食事の用意を担当しました。
なんと!
薪で、全ての調理をしますsign03

P1016500

ご飯は、羽釜を使って
‘始めチョロチョロ中パッパ、赤子泣いても蓋取るな!’
歌を歌いながら~note
なんて、余裕はありませ~ん sadsweat01

P1016504

ビギナーズラックなのか、美味しく炊けて、一安心heart04

P1016511

キャンプカウンセリングスタッフも手伝ってくれました~happy01

P1016510

玄米麦ご飯に、野菜onlyの食事ですが、いっぱい食べてくれましたdelicious
ホッと一安心です。

P1016512

研修は、プログラムの流れの確認や子どもたちのサポート
安全管理などハードスケジュールをこなしていきます。
本番に向けてのトレーニングの合間に、スイカを頬張っています。

P1016506

どんな子どもたちが来るのか、何が起こるかワクワク楽しみ。
づづく・・・

| | コメント (0)

より以前の記事一覧