« 地球浴(ちきゅうよく)のご案内 | トップページ | 地球浴体験! »

さとやまキャンプ2012

今年は、北広島に場所を変えて、さとやまキャンプでした。
囲炉裏のある築120年くらいの古民家と田んぼが広がる
里山が舞台です。

P1011340

広島市内からの子どもたちが集まりました

P1011339

今年は、よっとちゃんが台所を手伝ってくれました
料理は苦手なんだよ~と言いながら、
早朝から私の手となり、足となり、頑張ってくれました
ありがとう~

P1011333

家の裏にある水路は、ドジョウや沢蟹が棲んでいるほど
キレイです。
今でも地元の人は、野菜を洗ったりしているそうですよ。
スイカを冷やして、おやつにしました

P1011346

ドラム缶風呂は、火を熾すところから子どもたちの仕事です。

P1011349

慣れないノコギリにも果敢に挑戦

P1011350

意外にも、女の子に大人気です

P1011351

食材は、地元で採れた野菜やお米です。
今年は、雨が少ないので、野菜の出来が良くないらしいのですが、

P1011361

でも、新鮮な野菜たちは、キラキラして、美味しいですよ

P1011353

収穫体験で子どもたち自らが採ってきた野菜たちです。

P1011363

ビニールから はみ出すくらい大きくて、元気で美味しそう。

P1011364

でもね~、
子どもたちの苦手なピーマンやナスやセロリばかりなんですが・・・

P1011365

と心配していたら、
自分たちで収穫した野菜は、ガンガン残さず食べてくれます
私が作っても食べてくれないのに~
『体験』には敵わないんですね

P1011366

最終日の食事は、自分たちで作ります
簡単なレシピを用意しただけの創作料理です。

慣れない包丁使いにスタッフはハラハラ

P1011370

羽釜で薪を使って、ご飯を炊きました。
新聞紙や着火材を使わず、自然素材だけで火を熾します。
火が熾きないなぁ と固まる男の子たち。

P1011376

その苦労があって、ご飯はあっという間に売り切れました。
やっぱり、薪で炊いたご飯は絶品だね 
と大好評でしたよ

P1011398_2

初めは怖がっていたのに、
ポップコーンづくりにハマル女の子。

P1011379

こんなに大きな鍋で料理するのなんて、初めて

P1011381

料理が終わったら、自分たちのメニューのアピールタイムです。
何を作ったのか、美味しさのポイントは・・・限定何人まで・・・
ジャンケンで勝った人にはスペシャル
用意しているチームもありましたよ

P1011384

カキ氷のスペシャリストです

P1011401

全ての料理に舌鼓

P1011405_2

並んで食べる姿は、まさに田舎の夏休み。

P1011417

大人たちが、流しそうめんを用意してくれました
そうめんだけじゃなくて、飴やトマトが流れたり・・・

P1011413

大人たちも大はしゃぎ

P1011415

料理で出た残飯は、近所の農家さんのコンポストへ。
鳥たちも食べてくれました。

P1011420

「残ったご飯はどうするの?もったいないよね。」と問われて、
土に埋めたり、鶏が食べてくれるんだよ~と
命の循環を伝えられて嬉しかったナァ

P1011424

今年で6年目(かな?)の夏休み子どもキャンプは
私の自由にやらせてもらえるので、とても嬉しいです。
年に1度しか会わないスタッフも居るのに、
すでに阿吽の呼吸で、気持ちイイ

今回は、地元の人たちと少しでも
交流出来たことが大きかったですね。
来年以降も続けて、地域の人たちとキャンプを
もっともっと一緒に作っていけたらイイなぁ。

その他の写真は、コチラのブログ☆で。

|

« 地球浴(ちきゅうよく)のご案内 | トップページ | 地球浴体験! »

キャンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 地球浴(ちきゅうよく)のご案内 | トップページ | 地球浴体験! »